【初めてでも簡単】主婦にもできる網戸の張替/材料は100均で!!

気温が高くなってくると窓を開ける機会も増えますが、同時に虫も出てくる季節。

長年外にさらされて網戸が破れていたら、そこから小さな虫が侵入してきます。

業者さんにお願いすると当然綺麗に張り替えてくれますが、少しでも安く抑えたいなら自分で張り替えてみては⁉️

実はすごく簡単で、ポイントを押さえれば、初めてでも綺麗に張り替えできるんです‼️

しかも材料は100均で揃うので、圧倒的にコストを低く抑えられます

自分で張り替えるのが不安な方は、これを見てチャレンジしてみてくださいね!

網戸の張り替えに必要な道具

 

  • カッター
  • ハサミ
  • 網戸のゴムをはめる専用ローラー
  • 洗濯バサミまたはクリップ
  • 網戸用押さえゴム

 

私は普通のカッターを使っていますが、網をカットするときに刃が枠を傷つけてしまいますので、ホームセンターで売られている網戸専用のカッターがオススメです。

網戸用工具として、カッター、ローラー含め、一式1000円くらいで売られていますので、そちらを購入するのも良いかと思います。

少しでも安く抑えたい私は、最低限のものだけ100均で購入しました。

100均で揃えたのはローラー、網、押さえゴム。他は全てあるもので代用。

今回、ローラーは前に買っておいたものを使ったので、買ったのは押さえゴム(100円)と網(200円)

な、なんと…300円で網戸が張れる!?

良いものを求めたらこの値段では収まらないですが、網がちゃんと付いていれば…という方には十分ですよ。

 

材料購入時の注意点

網とゴムを買うときに注意したいのが、ゴムの大きさと網のサイズ

ゴムは網戸の枠により、太さがそれぞれ違います。
溝にピッタリはまるように作られているので、太くても細くてもいけません。

買う前にゴムの端を切って持っていき、お店で合わせてみるのが一番確実。

網はだいたい掃き出し窓一枚分ほどの長さで売られていますが、もし大きい窓の網戸を張り替えるなら、長さが足りるかどうか一応確認しておくと安心です。


網戸の張り替え手順

①押さえゴムと網を外す。


押さえゴムは、どこかに必ず切れ目があるので、まずはそこを起こして外します。

端が取れれば、あとは溝から引き抜くだけです。

ゴムが取れれば、網は簡単に取れます。

この時、枠も拭いてきれいにしておくと良いですよ。


②新しい網をかぶせる

網を広げて、枠と網を洗濯ばさみで止めます。

洗濯ばさみで全部しっかり止め、そのままゴムをはめてしまうと、網がたわんでしまったり張りすぎてしまうことがあるので、1辺をしっかり止め、他は仮止め程度にします。

伸ばして残っている網はそのままにしておいて、最後に切ります。

邪魔な場合は切ってしまっても良いですよ。

 

③ゴムをはめて網を押さえる

ゴムを溝にはめていきます。

ここでローラーの登場!!

ローラーを押し当ててしっかりとはめます。

最初の一辺はただゴムを埋め込むだけ。次の辺からは手で軽く網を張らせながらゴムをはめます。

張りすぎない程度、軽く押さえている程度で十分です。

2辺を張ったら、次はピンと張らせる感じで網を伸ばしながら。

最後はしっかり張らせて。

一辺やるごとに、張りを強くしていく感覚です。

角ははめにくいところなので、ローラーの反対側のとがった部分を使ってしっかりと押し込みましょう。

ぐるっと一周したら、ゴムを切って、残りを押し込みます。

 

④網を切り取る

あとは余分な網を切り取るだけ!!

カッターを使ってふちを切り落とします。

ほつれて残った部分ははさみできれいにして完成!!

どう?簡単でしょ?

 

まとめ

網戸の張替えは意外と簡単。

初めてでも大きな失敗なく張ることができます。

材料は100均でも揃うので、業者さんに頼むよりも超格安!!

挑戦する価値ありです。

必要な道具は、カッター、洗濯ばさみ、網戸用ローラー、はさみ、網戸用押さえゴム、網の6点。

ローラー、ゴム、網は100均で揃います。

注意したいのはゴムの太さ。

ゴムの端を切り取って持っていき、お店で確認すると間違いありません。

 

材料が揃ったら、ゴムと網を外し、新しい網を張っていきます。

張る時のコツは、一辺ゴムを埋め込むごとに張りを強くすること。

3辺埋め込んだ時にわりと張った状態であれば、あとは残りを押し込むだけ。きっときれいにできるはずです。

 

素人ですから、多少のゆがみは出ると思いますが、結構満足のいく仕上がりになると思います。

うまくできたら、網戸張り職人にでもなろうかな?な~んて思うかも!?( ̄ー ̄)ニヤリ